カンボジアの実習生を受け入れる魅力

カンボジアの実習生を受け入れる魅力

企業や研究機関、教育機関などがカンボジアの実習生を受け入れることは、学んだ技術やノウハウを祖国へ帰国した時に役立たせることができることで、将来のアジア全体の発展に貢献することもできます。
同じアジアに存在する国が発展することは、産業や経済面においてもメリットが存在し、WIN-WINの関係を築くことができるとして重宝されます。


国内においての市場は飽和状態になっており、今後は世界的なマーケットを開拓していく必要があるのも事実です。

カンボジアの実習生を受け入れることは、我が国の良さを知ってもらうことにも繋がり、将来は交易も盛んになり市場も広がる可能性もあります。

カンボジアの実習生に関するアドバイスです。

なかでもアジア圏内で貧しい国としても知られており、発展途上国として世界的に意識されていることも多いです。



こうした貧しい国からのカンボジアの実習生を受け入れることは、貧しさに負けない精神的なたくましさがあり、それがアジアの発展にも繋がる可能性もあります。

わが国でもこうした貧しい国の精神的なたくましさを逆に学ぶ必要があり、かつての高度経済成長時代の様に、活力ある社会をもたらすことに貢献するはずです。



産業と言えば農業を主体とした第一次産業で、近年は外国からの観光産業、繊維工業なども盛んに行われ始め、その潜在的成長性から外資の投資も盛んになりつつあります。


アジアの発展としてカンボジアは要となり、その実習生を受け入れることでアジアの繁栄を目指し、お互いの国が良好な関係を築けるとベストです。

  • 外国人派遣の情報まとめ

    • 最近、よく外国人の姿をあちこちで目にするようになりました。旅行者はもちろん、中には仕事をしている姿も見る事があります。...

      detail
  • 外国人派遣の秘密

    • 国内で農業や工業に従事する若者は減少傾向にあるので、慢性的な人手不足に悩まされているところが少なくありません。求人情報サイトで募集してもなかなか集まらず、やっと採用できたと思ったら、短期間でやめてしまうということも頻繁に起こっています。...

      detail
  • 外国人派遣についての考察

    • 実習生の名目で海外からの若者が日本社会に身を置くケースが年々増加しています。過去にはベトナム、インドネシア、フィリピンが主流でしたが、最近ではカンボジア出身者も後を追うように目立ち始めました。...

      detail
  • 外国人派遣の皆が知りたい情報

    • グローバル化が進む近年、海外の労働力としてカンボジア等の東南アジアの人材が注目されており、日本でも研修生として外国人を受け入れる企業が増加しています。最初ではベトナムや中国からの研修生が大半でしたが、現愛ではカンボジアから沢山の若者が日本の企業に研修に来ています。...

      detail