カンボジアの実習生を受け入れる魅力

  • 増加するカンボジア実習生

    • 実習生の名目で海外からの若者が日本社会に身を置くケースが年々増加しています。

      今までになかったカンボジアの実習生ならこちらのサイトがオススメです。

      過去にはベトナム、インドネシア、フィリピンが主流でしたが、最近ではカンボジア出身者も後を追うように目立ち始めました。



      彼らの多くは日本語習得に加え、サービスや製造など様々な分野で必要な技術を身につけ、実習生扱いで労働現場に入ります。
      よく言えば実務訓練や現場研修のようなもので、これまで学んだことを踏まえて現場体験する機会ですが、残念ながらそうした解釈は表面的でもあり、実際には現場に必要な労力を安価で賄っているだけというケースも少なくありません。


      後者の場合でも雇用主が法的な手続きをしっかりと行っていればいいのですが、違法行為が放置されていることも例外ではなく、せっかく就労した実習生にとっても望まない結果を招いてしまうのは残念でなりません。カンボジアと日本は同じアジア圏内でも文化、食、習慣、感覚と相違点は多く、慣れない生活環境の中で就労を続けることは孤独であり、ストレスでもあります。

      それでも多くのカンボジア人は日本で稼ぐことが最大の、或いは唯一の目標ともいえるほど経済面でのメリットを魅力と捉えており、明確なモチベーションを持っています。

      実習生を単なる労力と片付けるのではなく、彼らが学び、健全に就労できる環境を与えることは社会的責任でもありますし、また気持ちよく働ける、暮らせる環境に置かれてこそ能力や技能を発揮できるというものでしょう。