カンボジアの実習生を受け入れる魅力

  • カンボジアの実習生は非常に勤勉

    • 最近、よく外国人の姿をあちこちで目にするようになりました。
      旅行者はもちろん、中には仕事をしている姿も見る事があります。

      カンボジアの実習生を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

      そのような外国人は就業支援で日本を訪れており、技能実習生と呼ばれています。
      特にアジアの国から来ている人が多く、その中でもカンボジア人が多くいます。
      カンボジアは東南アジアのほぼ中央に位置し、隣国にはタイ、ベトナム、ラオスがあります。


      人口は1200万人程度の仏教国です。



      1970年代からの大きな政変により、大変な混乱期が長く続きましたが、1990年代に入り、政治も安定し、2000年代に入ると、多くの外国企業が参入し、都市部では経済が発展しつつあります。しかし、主な産業は農業で、多くの若者は農業に従事しています。
      そのような中で、日本とカンボジアの両国が提携し、今まさに産業が発展しているカンボジアの若者が先進国日本で多くの技術や知識を学び、それを自国に持ち帰り、経済振興、産業発展、後継者育成に活かす実習生として受け入れるようになったのです。現在、日本は少子化が進み、第一次、第二次産業に携わる人口が減っています。
      そのため、そのような産業に実習生として働いてもらい、産業の衰退を防ぐ役割があります。



      また、カンボジアは生産人口が増加傾向にある一方で、産業が少ないため、多くの若者が日本を訪れて、就業する機会を求めています。


      主な就職先として、農業、林業、漁業、製造業、加工業などがあり、最近では福祉分野でも実習生が求められるようになってきています。