カンボジアの実習生を受け入れる魅力

  • カンボジアからの外国人研修生を受け入れるメリット

    • グローバル化が進む近年、海外の労働力としてカンボジア等の東南アジアの人材が注目されており、日本でも研修生として外国人を受け入れる企業が増加しています。

      最初ではベトナムや中国からの研修生が大半でしたが、現愛ではカンボジアから沢山の若者が日本の企業に研修に来ています。
      しかし、異なる言語・文化圏の労働者を受け入れるには、社内で十分な受け入れ体制を整える必要があります。


      まずはカンボジアという国そのものを知ることが大切です。カンボジアでは内線時代に設置された多くの地雷が今でも残っており、日本の自衛隊が撤去作業に従事しています。
      また、多くの経済的支援も行ってきたことから、カンボジアの日本に対する国民感情は友好的です。また、国民の大半が熱心な仏教徒であることから、真面目で勤勉な性格の若者が多いと言われています。

      そのため、日本の進んだ技術を学び、母国へその技術を持ち帰ることで、自国の発展に貢献したいと考える若者が非常に多いのです。

      カンボジアの研修生のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

      始めこそ、海外との接点の少ない日本企業では、言葉の壁などで研修生と日本人双方が戸惑ってしまうこともあるかもしれません。



      しかしながら、丁寧にひとつひとつ教えていくことで思いやりが生まれ、また研修生の真摯な意欲から、社内の雰囲気が活性化されたという企業も少なくありません。


      研修は期間限定ではあるものの、このように双方の信頼関係を築きあげることは、日本に親近感を持つ次世代の若者を輩出することにも繋がり、発展途上国の直接の経済発展に貢献するだけでなく、今後日本企業が東南アジア諸国に進出していく際の土壌固めとして、大きなメリットがあるのです。